リンク
Pocket

 東京都多摩地区で初めて醸造されたビールが、復刻されます。ブランド名「TOYODA BEER」として、ひのよさこい祭会場で販売されます。

  地ビールメーカーは、95%以上が中小企業です。具体的には、資本金3億円以下か従業員300人以下の会社です。そして、主な販売形態は、レストラン併設形態です。地方の観光地にいくと、地ビールをレストランで楽しみつつ、お土産でビールを購入できる店舗があります。このような形態が最も多く、割合としては、約38パーセントです。
 ビール事業者の売上高は、平成24年と比較して、約14パーセントの増加が認められます。また、営業利益は約33パーセントも増加しています。ただ、テーマパークでの売上高、売上総利益、営業利益は減少しています。テーマパークの営業利益は、24年と比較すると、約85パーセントです。
 発泡酒メーカーについても、中小企業が占める割合は高く、約97パーセントが中小企業です。また、主な販売形態も、レストラン併設が約40パーセントです。注目すべきは、24年と比較すると、売上高は503万円と約34パーセント、営業利益は133万円で、91.7パーセント増加しています。地ビール業者はテーマパークでは売上高等が減少していますが、発泡酒メーカーではテーマパークでも対前年比は増加しています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA